自己破産の知識
【広告】
現在地:Home
現在地:Home

自己破産の基礎知識

自己破産とは

(1)自己破産と債権者破算

自己破産とは、借金が返せない債務者自身が裁判所に破算の申立てをすることを言います。逆に、借金を返してもらいたい債権者が申立てすることを債権者破産と言います。

債権者破算は、債務者がズルズルと事業を継続して破産の申立てをしない場合に、債権者が破産させて少しでも有利な状態で債権の回収にあたります。

(2)破産とは

日常の会話の中でも破産という言葉を使いますがそれは、お金が無くてどうしようもない状態のことを指していて、法律的な破産とはちょっと違います。

破産とは、これ以上借金の返済をすると生活ができなくなってしまう状態にある人が、法で定められた一定の財産と生活必需品を除いたすべての財産を現金化して債権者に平等に分配する手続のことです。

破産法という法律は、支払不能又は債務超過の債務者の現預金の他、株券などの有価証券、土地建物などの不動産、保険の解約返戻金などお金に換えられる財産があれば換価して、債権者に対し公平な清算をして、債務者の経済生活再生の機会の確保を図ることを目的とした法律です。

(3)破産と免責

破産するだけでは債務は帳消しになりません。債務を返済する責任を免れる「免責」という決定を裁判所でしてもらわなければなりません。生活必需品を除く自分の財産すべてを失う代わりに、すべての借金が免除されるという制度です。免責が受けられなければ借金は消えません。

(4)自己破産は、3つのステップ

自己破産は、次の3つのステップがあります。この3つのステップを完了して初めて借金が帳消しになり新たな生活をスタートさせることができます。

自己破産3つのステップ

  1. 自己破産の申立てをして
  2. 破産手続き開始決定・同時廃止を受け
  3. 免責決定がされる

(5)自己破産の注意点

注意しておきたいことは、破産はすべての債務が対象です。一部の債権者をはずすことはできません。消費者金融で借りた金は帳消しにしても、親友から借りた金は返していきたいので債務のリストからはずすなどということはできません。他の債権者との公平性がなくなるためです。どうしても返したいという気持ちがあれば、免責後にお詫びとしてお金を入れるなど個人の判断ですることは可能です。

また、申立てをしても必ず免責許可がおりる訳ではありません。免責が妥当な者だけです。
免責許可の決定がでるまで、およそ半年ほどかかります。

マイホームがある人や連帯保証人をたてているなどの事情で、簡単には、自己破産に踏み切れない方は、弁護士などの専門家に早急に相談することをおすすめします。一人で悩むより専門家に相談することで良い方法が見つけられる可能性があります。

 自己破産するような人は、人間失格だなどと考えている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。自己破産プラス免責は、債務者に経済生活再生の機会を確保させるための制度です。


家庭・家族・仕事そして自分を大事に思う気持ちがあれば自己破産を真剣に考えてみてください。明日を取り戻せます。


【広告】
 
【広告】