自己破産の知識
Home > 自己破産の基礎知識 > よくある誤解 > 親・兄弟・子供が借金の肩代わりをすることはありません
Home > よくある誤解 > 親・兄弟・子供が借金の肩代わりをすることはありません

自己破産の知識−よくある誤解

親・兄弟・子供が借金の肩代わりをすることはありません

親・兄弟・子供など家族や親戚が保証人になっていない限り、本人の代わりに借金を支払う義務はありません。

破産の影響は、本人だけに限られ、家族や親戚などには及びません。しかし、債権者の中には、親兄弟に返済の肩代わりを泣きついてくることがあるかもしれません。もちろん、法的にそのように肩代わりする義務はありませんから、はっきり拒絶すれば済む問題です。気が弱くて口で断るのが苦痛な場合などは、内容証明郵便を利用するなどの手もあります。

借金の連帯保証人付きの場合には保証人が破産者の借金を肩代わりすることになります。連帯保証人付きの場合は慎重により良い方法を考える必要があります。


【広告】
 
【広告】