自己破産の知識
【広告】
Home > 自己破産の基礎知識 > よくある誤解 > 自己破産は会社や近所にたぶんばれない
Home > よくある誤解 > 自己破産は会社や近所にたぶんばれない

自己破産の基礎知識−よくある誤解

自己破産は会社や近所にたぶんばれない

個人の自己破産が世間に公表されるのは、官報のみですが一般人が官報を目にすることはまずありませんが、目にする可能性はあるのでばれる可能性はあります。ただ、あまりないことです。ばれたとしても、その時の生活は立ち直っているはずですから明るくしてれば済む話です。

業種によっては官報を取り寄せている会社もありますから会社にばれる可能性は少ないがあります。破算情報を見るのは破算物件を扱いたい不動産業者や破産者をリストアップしておきたい金融機関や闇金業者などです。もし自己破産したことを会社が知ったとしてもそれを理由に解雇は出来ません。

万一、自己破産したことが会社にわかってしまった場合、現実問題としては、第一には、自己破産を理由には解雇はされない、第二には、人事考課が悪くなるのは否めず今後の出世には響きそうです。第三には、当の本人のキャラクターにもよりますが職場にいづらくなるかも知れません。
起こるか起こらないかわからないことをあれこれ思案してもしょうがないので、万が一ばれても腹を据えて動じないか、転職すればいいやぐらいに考えておくしかないのかと思います。

また、借金の返済が滞ってしばらく経つと債権者が給料の差し押さえ手続きを始める可能性があります。差し押さえられれば当然会社にはそのような状態であることが分かってしまうので、こうなる前に自己破産したほうがメリットがあります。

なお、会社から借金している場合には会社を債権者として裁判所に申告しなければならず、債権者には裁判所から通知が行くので破産したことは分かってしまいます。


【広告】
 
【広告】