自己破産の知識
【広告】
Home > 自己破産の基礎知識 > よくある誤解 > アパートを追い出されることはありません
Home > よくある誤解 > アパートを追い出されることはありません

自己破産の基礎知識−よくある誤解

アパートを追い出されることはありません

自己破産を理由にアパートやマンションから追い出されることはありません。
滞納家賃がある場合は、話は別です。

破産法の改正に伴って関係法令の民法が改正され賃借人の破産による解約条文は削除されました。以前は、借主が破産した場合には、大家さんは契約を解約することが出来ることになっていました。

考えてみればわかることですが、破産し免責を受ければ、賃借人の経済状態は、借金の返済がなくなる分改善するでしょうから家賃滞納の恐れもなくなると思います。
破産したからといってアパートを追い出すのは、大家さんにとって合理的なことではありません。

なお、滞納家賃がある場合は、話は別です。きちんと家賃を支払ってない場合は、当然支払いを求められますし、大家さんとの信頼関係が崩れていれば立ち退きをせまられます。これは自己破産とは関係なく起こる問題です。

破産手続き開始時までの家賃に滞納があれば、その滞納家賃も免責の対象になります。ですから、返済義務はなくなりますが、大家さんとの信頼関係は崩れているので立退き明け渡しをせまられます。滞納家賃が高額の人は、そのまま立ち退けばいいですし(退去時の清掃補修費等の原状回復費は通常の退去時と同様に発生します。)、少額の人は、引越し代や新アパートの初期費用がかさむことを考えれば、滞納家賃相当を支払う代わりにいさせてくれるように大家さんに頼んだ方がいいかもしれません。但し、今までの居住状況が悪かった人には、無理なお願いとなりますが。


【広告】
 
【広告】