自己破産の知識
【広告】
Home > 自己破産の基礎知識 > よくある誤解 > 子供の進学や結婚に影響があることはまずありません
Home > よくある誤解 > 子供の進学や結婚に影響があることはまずありません

自己破産の基礎知識−よくある誤解

子供の進学や結婚に影響があることはまずありません

親の自己破産が、子供の進学や就職、結婚に影響することは基本的にはありません。本人の結婚にも影響しません。

過去の破算は、めったにばれることはありません。破産の手続き開始や免責許可の決定は官報でその時に公表されますが、個人情報は住所と氏名だけです。もし、調べられたとしても住所が変わっていれば氏名が同じだけでは同一人物とは出来ません。住所の履歴を調べることは出来ますが個人情報の管理が厳しくなったので本人か代理人以外には調べられません。ですから過去の破算は、自分から口に出さない限り第三者に知られることはほぼありません。

しかし、身元調査を興信所や探偵を使って調べる場合があり、非合法的に調べられ自己破産したことがばれてしまうことも考えられます。

法的には子供の進学や結婚などに影響を与えませんが破産などのマイナスイメージが感情的に影響する人間もいることは事実です。それで子供の結婚が白紙になるようだったら自己破産してなくても結婚後に苦労することが想像できますから逆に良かったと、もっとましな人を探そうと思えばいいと思います。


【広告】
 
【広告】