自己破産の知識
【広告】
Home > 自己破産の手続き > 自分で申し立てる
Home > 自分で申し立てる

自己破産の手続き

自分で申し立てる

自分で申立てを行う方は、住所地または居所を管轄する地方裁判所・地方裁判所支部に出向き、破算係の職員に自己破産したい旨を話します。
個人が行う自己破産については、各裁判所の定型書式が用意してありますから、書き方の説明を受けます。
会社や自営業の方については、管財事件となるので自分で行うのは無理と思われます。弁護士に相談してください。

必要な書類
  1. 破産手続開始・免責許可申立書
  2. 陳述書
    どのようにして支払不能状態になったかなどを記載します。申立書の中で最も重要な部分です。
  3. 家計全体の状況
  4. 債権者一覧表
    債権者の記載漏れがあった場合、免責が受けられなかったり、免責を受けられてもその債権者の債権は免責になりません。
  5. 資産目録

添付書類
  1. 住民票(本籍の記載・世帯全員の記載があるもの)
  2. 戸籍謄本
  3. 預金通帳の写し
  4. 給与明細の写し・源泉徴収表の写し
  5. 課税証明書
  6. 住んでいる家の賃貸借契約書の写し
  7. 生命保険証書・解約返戻金証明書
  8. 預金通帳の写し

これらの書類は、財産状況によって必要な資料が異なるので、申し立てる裁判所での確認打ち合わせが必要です。

必要な書類が全て揃ってから申立書を提出してください。申立書の受理に際しては、窓口で書類の補正や追加を指示されることがあります。


【広告】
 
【広告】