自己破産の知識
【広告】
Home > 自己破産の豆知識 > 自己破産の弁護士選び
Home > 自己破産の弁護士選び

自己破産の豆知識

自己破産の弁護士選び

破産を申し立てるには、自分でやるか司法書士さんに手伝ってもらうか弁護士さんを代理人にするかの三つの方法があります。 同時廃止手続きの破産なら自分でやれないこともないですが、東京地方裁判所で行われる少額管財手続きの破産は弁護士さんが代理人になる 必要がありますし、通常の管財手続きは、同時廃止手続きよりむずかしいから弁護士さんに依頼する人がほとんどです。

弁護士さんを探すには、弁護士さんに知り合いがいる人は別にして、法テラスで相談するか自分で探す形になります。 法テラスでは資力の乏しい方を対象に民事法律扶助の制度を使って弁護士又は司法書士の費用の立て替えをしてもらえます。

法テラスでは、その日の当番弁護士さんに相談する形になります。ですから、どんな弁護士が担当してくれるのかは運次第なところ があります。気に入らない弁護士さんにあたってしまってもチェンジはできません。 お医者さんと同じでオールマイティーな弁護士はいません。債務整理に強い弁護士さんならいいですが、 たまたま当たった弁護士さんが債務整理に弱ければ的確な対応が出来ない恐れもあります。依頼しても後回しにされたり、 いつまでたっても進まなっかたりとかあるようです。

自分で弁護士さんを決めてから法テラスの法律扶助の制度を利用することも可能です。 口コミやネットで債務整理に強い弁護士さんを探したり、地区の弁護士会で債務整理に強い弁護士さんを紹介してもらい 一度相談に行って、良ければ法テラスの法律扶助を使いたいことを伝えて、了解していただければその事務所に依頼します。ダメなら 他をあたらなければなりませんが。


【広告】
 
【広告】