自己破産の知識
【広告】
Home > 自己破産の豆知識 > 自己破産すると個人的借金も払わなくて済むのか
Home > 自己破産すると個人的借金も払わなくて済むのか

自己破産の豆知識

自己破産すると個人的借金も払わなくて済むのか

1.破産は法による救済なので・・法的には返済義務を免れる

破産は、既に返済不能に陥っている人に対しての法的な救済処置です。貸している側から見れば、どうにもやるせないことですが、裁判所がすべての債務を免責にする事が妥当かどうかを審査して決めています。

誰でもが破算および免責を受けられるわけではありませんが、よほど悪質なことをやっていない限り免責になるようです。そこで、問題となるのが個人的な借金もチャラになるのかどうかです。

2.貸金業者は、お客の破算は痛くもかゆくもない

銀行や消費者ローン、クレジット会社など業としてお金を貸す所は統計学的に貸し倒れの割合が分かっているのでそれに応じた金利を取っていますし、税務的にも減税策が考えられているので痛手はほとんどありません。

3.親戚、知人、友人にとって、お金が返ってこない痛手は大きい

翻って友人や知人、親戚など個人が貸しているお金が戻ってこなくなることについては、救済策はありません。あっても、人の借金の為に不動産を担保に入れた保証人が、その不動産を売って返済する場合に譲渡所得税が免除されるくらいのことしかありません。個人で借金を踏み倒されるのは痛手が大きいです。

4.破産する人は個人にかける迷惑を思い知らねばならない

個人に保証人になってもらっている債務者の中には破産できずに地獄の日々を送っている人もいます。逆に、友人知人にうそでまかせを言って借りまくって反省の色もなく破産する人もいます。その時その時で借りる方も貸すほうも良くなる望みを持ってしたことなのでしょう。どちらもここから教訓を得て生活に生かしていくことが最善だと思います。

5.自己破産すると個人的借金も払わなくて済むのか

破算・免責で借金返済の義務を免れただけですから、もちろん返してもいいわけです。基本的には、返さなくていいんですが、業者への借金が無くなれば、個人から借りた分は返せるのではなかろうかと思います。たとえば、給料が20万円で業者への返済が40万円で個人からも借りていた場合、業者への返済がなくなれば個人へは、無理のない範囲で返せるはずだと思います。たとえ、現在、無職や病気や生活保護であってもそこ(底)から抜け出してから返そうと思った方が人生的には向上すると思います。

自己破産すれば、個人の借金もチャラになりますが、そのあとのことは人格の問題のようです。


【広告】
 
【広告】