自己破産の知識
【広告】
Home > 自己破産の基礎知識 > 免責とは
Home > 免責とは

自己破産の基礎知識

免責とは

(1)自己破産の免責

免責とは、責任・義務が免除になることを言い、破産法では、個人である債務者は、免責許可の申立てをすることができるとされています。すなわち、借金の返済が免除されるということです。

(2)免責許可の申立て

債務者が破産手続開始の申立てをした場合には、債務者が反対の意思表示をしない限り当該申立てと同時に免責許可の申立てをしたものとみなすとされています。よって、破産手続開始の申し立て書と免責許可の申し立て書は1枚の用紙になっています。

(3)免責許可の決定もしくは免責不許可の決定

同時廃止型の場合は、手続きの流れ(同時廃止型)にあるように破産手続開始決定がされ、配当する財産が無いので即座に同時廃止が決定され、その後の免責審尋で問題が無ければ免責許可が決定されます。
とは言えども、必ず免責許可がされるわけではありません。免責不許可事由に該当し、しかも裁判所の裁量でされる免責許可の決定さえもとることができない場合には免責許可とはなりません。破産はしたけれど返済義務が残ることになります。
免責不許可になるのがはっきりしていれば自己破産を申し立てる意味はありません。免責不許可事由に該当する場合は、事前に弁護士に相談したほうが良さそうです。

(4)税金などは免責されません

免責といえどもすべての債務から免除されるわけではありません。

免責されない債務の種類
  1. 税金や罰金
  2. 養育費
  3. 債権者一覧表に書かなかった債務
  4. 不法行為の損害賠償

【広告】
 
【広告】