自己破産の知識
【広告】
Home > 自己破産の豆知識 > 信用情報機関について
Home > 信用情報機関について

自己破産の豆知識

信用情報機関について

自己破産をすると信用情報機関に自己破産した情報が、5年間登録されます。
 この情報が登録されている間は、金融機関から融資を受けたりクレジットカードを作ることが困難になります。

信用情報機関に登録される期間

  1. 取引情報ー契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間
    ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況(入金の有無、延滞・代位弁済・強制回収手続等の事実を含む)の履歴
  2. 官報情報ー当該決定日から10年を超えない期間(全国銀行個人信用情報センター)
    官報に公告された破産・民事再生手続開始決定等

金融事故記録は、金融庁指導で最大5年を越えない範囲での登録期間になっています。しかし、全国銀行個人信用情報センターでは、官報情報が10年を超えない期間登録されます。

5年たてば取引情報は消えますが、官報情報は10年消えないとなると、既に経済的に復帰してるにもかかわらず住宅ローンなどの大型のローンは、その間借りれない公算が高くなります。


【広告】
 
【広告】