自己破産の知識
【広告】
Home > 自己破産の豆知識 > 総量規制について
Home > 総量規制について

自己破産の豆知識

総量規制について

平成22年6月18日に改正貸金業法が施行されました。目的は多重債務問題の解決です。総量規制の導入で新たな借入れが出来なくなった人たちが続出しました。

貸金業規制法の主な改正内容

  1. グレーゾーン金利の廃止
    上限金利が15%~20%になります。
  2. 総量規制の導入
    借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限され、過剰貸付の抑制をします。

借りては返すというやりくりで返済をしのいでいた、いわば自転車操業状態の人にとっては、総量規制は致命的と思われます。いくつもの貸金業者から借りている多重債務の方たちの場合、年収の3分の1以上を借りていると思われます。

また、主婦の方はクレジットカードでキャッシングする方もいますが、新たな借入が事実上出来なくなっています。
しかし、ものは考えようでこの機会をチャンスととらえることが出来れば、健全な家計にすることも出来ます。何枚ものカードを使って自転車操業でやりくりしていたのをここでストップして健全な家計に戻すチャンスとも考えられます。

その方法は自己破産です。
自己破産のデメリットよりメリットが多いと感じたら、あなたも自己破産を考えてみてはいかがですか。

総量規制とは

1) 自社からの借入残高が50万円超となる貸付け、又は、
2) 総借入残高が100万円超となる貸付け
の場合には、貸金業者に年収等を証する資料の取得が義務づけられることとなります。
調査の結果、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けなど、返済能力を超えた貸付けが禁止されます。
※売却可能な資産がある場合など除外・例外貸付けは除かれます。

【広告】
 
【広告】